お問合せ
お問合せ
埼玉県さいたま市

逆流性食道炎の症状

  • HOME »
  • 逆流性食道炎の症状

留守の時は携帯におかけ直し下さい。
080-6566-3510

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎になると次のような症状が出ます。一番代表的なのが、胸焼け、呑酸、嚥下困難の3つです。他にもありますので説明していきます。

胸焼け

逆流性食道炎になりますと、胃酸が食道へ逆流しますので、胸が熱くなるような不快感が出る事が多いです。特に食後に出やすいです。

腹痛のイラスト(女性)

呑酸(どんさん)

これは胃酸が、喉と口まで上がってくるので、酸っぱい味がする症状です。喉が焼けるような不快感がします。

嚥下困難

嚥下困難とは、食べ物が飲み込みにくくなる事を言います。そして食べ物が喉につかえる感じもします。

喉が痛い人のイラスト

胸痛

食道が締め付けられる事により、胸が痛くなる事があります。

咳が多い

胃酸により喉に不快感があると、咳が多く出ることがあります。

咳・くしゃみのイラスト

ゲップが多い

逆流性食道炎になると、ゲップが異常に多く出る事があります。

ゲップをする患者のイラスト(健康診断)

胃もたれ

食後に胃がもたれる感じがします。つまり食べ物がいつまでも胃に残ってる感じがします。

胃もたれのイラスト(女性)

吐き気

気持ち悪くなったり吐き気がする事があります。

声がかすれる

胃酸により喉をやられると、声がかすれたりします。

睡眠障害

夜中に胸焼けがしたり、咳が止まらなくなると、よく眠れなくなってしまいます。

お電話は048-654-9236までお願いします。
留守の時は携帯へおかけ直し下さい。
080-6566-3510

TEL 048-654-9236 遠藤自律神経研究所 さいたま市

PAGETOP
Copyright © 逆流性食道炎専門の整体 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
 電話お問い合わせ